2014年7月31日木曜日

土屋アンナの座禅、修行 (南直哉2010年)

 土屋 アンナ(つちや アンナ、Anna Tsuchiya、1984年3月11日 - )は、日本の女性ファッションモデル、歌手、女優。東京都生まれ。明星学園中学校・高等学校卒業。血液型はA型。身長168cm、体重48㎏。東京都渋谷区在住。所属事務所はモデリングオフィスAMA。所属レコード会社はMAD PRAY RECORDS。(出典:ウィキペディア)


南直哉1985年  永平寺の修行 南 直哉(みなみ じきさい、1958年- )は、長野県出身の曹洞宗の禅僧。早稲田大学第一文学部卒業後に大手百貨店で勤務するも、1984年曹洞宗にて出家得度、大本山永平寺入門。19年間の修行生活を送る。送行後、福井県霊泉寺住職、青森県恐山菩提寺院代に就く。(出典:ウィキペディア)





2014年7月30日水曜日

2014年7月29日火曜日

永遠の嘘をついてくれ(つま恋2006)吉田拓郎&中島みゆき

永遠の嘘をついてくれ 
中島みゆき & 吉田拓郎バージョンcover








吉田拓郎 ♪今日までそして明日から @ つま恋 2006



「永遠の嘘をついてくれ(つま恋2006)吉田拓郎&中島みゆき」は、下記のDVDに収録されていますので、DVDを購入すれば良いですね。

Forever Young Concert in つま恋 [DVD]
かぐや姫 吉田拓郎 (出演), SEO BAND (出演)  形式: DVD
新品価格
¥10,500から
(2015/10/23 13:23時点)


内容紹介
1975年の伝説のコンサートから31年、'06年9月23日に聖地「つま恋」で行われた、吉田拓郎&かぐや姫の野外コンサートをDVD化!

全5部構成で約8時間にも及んだコンサートからセレクトして特別編集。都内でのリハーサル風景や本番直前のつま恋合宿風景、本番のバックステージなどの映像素材を特典映像として収録したDVD3枚組。

カメラマン田村仁による貴重なオフショット写真やコンサートの中の写真をDVDの中にフォトギャラリーとして収録!

吉田拓郎とムッシュかまやつとの「シンシア」「我が良き友よ」や、中島みゆきとの「永遠の嘘をついてくれ」等、豪華共演の模様も収録!!

曲目リスト

ディスク:1
1. オープニング~旧友再会フォーエバーヤング (吉田拓郎BAND)
2. ペニーレーンでバーボン (吉田拓郎BAND)
3. 海を泳ぐ男 (吉田拓郎BAND)
4. 消えていくもの (吉田拓郎BAND)
5. 生きていなけりゃ (吉田拓郎BAND)
6. イメージの詩(Edit Ver.) (吉田拓郎BAND)
7. 妹 (かぐや姫)
8. 遥かなる想い (かぐや姫)
9. 黄色い船 (かぐや姫)
10. アビーロードの街 (かぐや姫)
11. 好きだった人 (かぐや姫)
12. けれど生きている (かぐや姫)
13. ペテン師 (かぐや姫)
14. センセーショナルバンド (かぐや姫)
15. マキシーのために (かぐや姫)
16. なごり雪 (かぐや姫)
17. おまえが大きくなった時 (かぐや姫)

ディスク:2
1. シンシア (吉田拓郎)
2. 我が良き友よ (吉田拓郎)
3. ファイト(Edit Ver.) (吉田拓郎)
4. 僕の胸でおやすみ (かぐや姫)
5. 赤ちょうちん (かぐや姫)
6. おはようおやすみ日曜日 (かぐや姫)
7. 今はちがう季節 (かぐや姫)
8. きっぷ (かぐや姫)
9. じんじろ橋 (かぐや姫)
10. 眼をとじて (かぐや姫)
11. うちのお父さん (かぐや姫)
12. ひとりきり (かぐや姫)
13. 22才の別れ (かぐや姫)
14. あの人の手紙 (かぐや姫)
15. おもかげ色の空 (かぐや姫)

ディスク:3
1. この指とまれ (吉田拓郎)
2. ビートルズが教えてくれた (吉田拓郎)
3. 言葉 (吉田拓郎)
4. 永遠の嘘をついてくれ (吉田拓郎)
5. 外は白い雪の夜 (吉田拓郎)
6. 春だったね (吉田拓郎)
7. 落陽 (吉田拓郎)
8. a day (吉田拓郎)
9. 今日までそして明日から (吉田拓郎)
10. 神田川 (吉田拓郎)
11. 聖なる場所に祝福を (吉田拓郎)



◆追伸2014.08.07
下記は、カバーですが、なかなか雰囲気がよく出ていますね。

永遠の嘘をついてくれ 中島みゆき & 吉田拓郎バージョンcover

本物のライブの動画がありました。こちらです。
吉田拓郎のミックスリストは、こちらです。


吉田拓郎のライブに中島みゆき!
ステージに上がった瞬間、シーンとなり「帰れ!」って言われるかと思った。

愛だけを残せ / 中島みゆき [公式]




2014年7月25日金曜日

中島みゆき「恩知らず」ミュージックビデオ

中島みゆき「恩知らず」ミュージックビデオ(Full ver.) [公式]
中島みゆき39枚目となるオリジナル・アルバムの収録曲「恩知らず」
武井咲出演!日本テレビ系水曜ドラマ「東京全力少女」の主題歌。
近作も瀬尾一三による歌が真ん中にある圧倒的なサウンド・アレンジを実現。
中島­みゆきの心歌を堪能してほしい!

軽快な曲で良いですね。

私のホームサイトでも、いろいろご紹介しています。




中島みゆき「恩知らず」の「恩」について語る!





2014年7月20日日曜日

STAP事件後日譚・・・醜悪な理研と毎日新聞



どうしたことでしょうか?毎日新聞の特定の女性記者のようですが、毎日のように小保方さんをバッシングする記事を出しています。すでにSTAP事件は理研が「調査委員会を再開しない」と発表して一段落しています。


もともと、この事件は理研(小保方さんではない)が大々的に記者会見をしたことで世間の注目を浴びたものですが、その後、論文に疑義が生じ、社会的な話題を集めました。そして理研が2回、小保方さんが1回、笹井さんが1回記者会見を行い、それぞれ違った見解を示しています。


そして理研が調査委員会を開かないことを表明し、お互いに情報戦は終わりになっています。また小保方さんは法律に違反した犯罪人でもなく、タレントでもありません。単なる一般人の一個人です。


ところが、最近、どういう意図を持っているのかは不明ですが、「すでに終わったことで、一般人」なのに、毎日のように毎日新聞から「理研がリークした小保方さんに不利なこと」が報道されています。


その内容は小保方さん(2013年正式社員で入社一年目)の責任とは考えられない予算の使い方の不都合、論文のさらなるミス(”ミス“としたほうが間違いと思うが)、採用の時の問題(小保方さんに関係がないが印象を悪くすることは確か)などです。


くり返しますが、まず、第一に小保方さんは犯罪人でも、タレントでもなく、普通の一般人で研究者で、しかも理研の従業員です。騒ぎになったのは、単にマスコミが理研の記者会見に幻惑されて1月末に報道しすぎたというだけのことです。彼女の論文に科学的な興味を感じて読んだ人は少ないと思います。多くの人が単にスキャンダルとして見ているのが現状です。


毎日新聞というのは全国紙で、その発信力は絶大です。その絶大な発信力を使って犯罪人でもタレントでもない一個人をここまで執拗にバッシングする意図はどこにあるのでしょうか?


まず、この行為は「社会正義」ではありません。社会正義の最も基礎的なものは「法律」ですから、放送法第四条のように巨大マスコミは「意見の違う時には多角的に」というのが原則ですから、理研の方の情報に重きを置くのは問題です。


また、オウム真理教の松本事件の時に、普通の人がマスコミによって犯人に仕立て上げられたことをキッカケに、一般人の報道についてはかなり改善されてきたのに、小保方さんの件になると、まるで「小保方さんは刑事事件の犯人だ」といわんばかりの報道姿勢です。


コピペにしても、写真の誤用にしても、むしろコピペの方が著作権法に合致しているのですから、法令を守って村の掟を破った人を村の掟を重視する側に大新聞がつくのは不見識です。


放送は中止になりましたが、小保方さんの名前をもじって彼女の人格を傷つけようとしたテレビ局もあり、日本社会が「法律に基づかないリンチ」=子どものイジメとなんら変わりない・・・という状態にあるのは残念です。


また、「理研の規則」のうち、他人の文章をコピペしたことを「盗用」としているのは、理研の規則が法令に違反しているのですから、「理研の規則で罰せられたのだから有罪だ」などということも無く、むしろ法令に違反する規則を決めて、従業員を罰っしようとしている理研の方に辛い姿勢を取らなければならないでしょう。


このように見て行くと、毎日新聞の報道姿勢は、「法令に元ずく正義を軽んじ、自分たちの村の掟、日本の空気、個人のバッシング、イジメを優先する」という実に醜悪なものであることが判ります。


即刻、これまでの報道態度についての見解を示し、軌道修正することを求めます.こんなことではどんな社会問題も解決せず、こじれるだけで日本の大新聞としての存在価値がなくなります。

(平成26年5月28日)

武田邦彦

(出典:武田邦彦先生のブログ





PAGE
TOP